知ってると得するお仏壇の基礎知識まとめ

仏壇・祭壇
仏壇・祭壇
スピリチュアル

家の中で祖先を祀る物と言えば、お仏壇ですよね。

最近は核家族化か進み昔はどのご家庭にもあったお仏壇が、無いというご家庭も増えています。

私の実家も、まだまだ亡くなった家族はおらず、母方の実家や父方の実家へ遊びに行った際くらいにしかお仏壇を見るという事はありませんでした。

日本人と言えば仏教という考えの方が多いのですが、その仏教の中でも大切なお仏壇について知らないという方も増えていますので、特に若い方の中にはあまり仏壇についての知識が無いという方も少なくはないでしょう。

しかしやはり日本人にとっては仏壇は大切な物ですので、今回は仏壇についての知識をご紹介します。

お仏壇とは

仏壇の線香

仏壇の線香

お仏壇と言えば、私たちが想像する物は、自宅やよその家にお邪魔した際に目にする、四角い物箱のような物ではないでしょうか。

この仏壇はもともと貴族たちが持仏堂を立てるようになって事が原型になっていると言われており、最も古いとされている物は法隆寺に現存している玉虫厨子と言われています。

仏壇が一般的に広まったのは、江戸時代からだと言われています。

お仏壇の設置の仕方

方向を知る

方向を知る

お仏壇を設置する際にはどのように設置すると良いと思いますか?お葬式などでは北枕に個人を寝かせますので、北向きに置くという方も多いかもしれませんね。

基本的には仏壇を設置する方向はどの方向でも良いとされていますが、一般的には北を避けて安置するという傾向があるようです。

また宗派によっても設置の仕方が違うようで、極楽浄土があるとされる西に向けて拝むことができる様に東向きに安置するという場合もあるようです。

しかしお話ししたように、向きは基本的にはどちらでもよいとされていますので、落ち着いてお参りをする事ができる場所で、直射日光が当たらず風通しの良い場所に安置すると良いでしょう。

お線香をあげる時のマナー

線香

線香

お仏壇にお参りをする際に大切な物というと、お線香ですよね。

このお線香に関するマナーは宗派によって違い、真言宗では線香は3本立て、曹洞宗や浄土真宗では線香は寝かせて炊きます。

宗教によって違うからと言って間違ったとしても問題はなく、大切なのは線香のマナーよりも供養をする側の気持ちだと言われています。

クリーニングも必要だったお仏壇

仏壇

仏壇

お仏壇というと設置したら壊れるまでそのままと思っていませんか。

結構設置してそのままにされているお宅も、少なくはないのですが実はクリーニングも必要なのです。

いつしなさいという様な決まりはなく、多いのは17回忌などの節目の時に合わせてクリーニングをされる事が多いようです。

しかし仏壇は繊細なつくりの為素人クリーニングは、壊れてしまうなどのリスクがありますので、業者に依頼をされる事をお勧めします。

その際に、30万円から70万円ほどかかるようで、高価な仏壇だとそれなりに金額が購入後にもかかるという事を覚えておくと、仏壇を選ぶ際に役立てられるでしょう。

お仏壇を処分する際に気を付ける事

処分

処分

お仏壇も長年使用していると痛み、買い替えが必要になってしまいますよね。

回収業者やお仏壇の販売業者に依頼をすると引き取ってくれますので、処分は意外と簡単にできます。

しかし簡単に処分できる仏壇ですが、もしも設置時に開眼法要という入魂式をして居る場合には対となる閉眼法要が必要になります。

元々仏像に由来するようなのですが、人が作った仏像は最後に目を入れて魂を招き入れるとされており、閉眼法要によって入魂していた魂を抜き取るという意味があるのです。

ですからもしも、この閉眼法要ををしないまま処分をするという事は、個人の魂事お仏壇を処分してしまう事になりますので、十分注意をするようにしましょう。

当たりすぎると評判の電話占い