1ページ 2ページ

果物は生のままより冷凍した方が栄養価が高くなるって本当?

果物の冷凍保存の仕方
果物の冷凍保存の仕方
エッセイ
冷凍した方が栄養価が高くなる

冷凍した方が栄養価が高くなる

果物は新鮮な物が一番!と思っていませんか?

実はそれはある意味正しくて、ある意味間違っているんです。

果物は新鮮なほど、栄養価は増します。

でも沢山果物を買い込んで、冷蔵するだけでは新鮮さは失われていく一方です。

では、もし果物を冷凍することで、新鮮さを保つことも出来るとしたらやってみたくありませんか?

冷凍保存した果物は、夏に涼を取るのにも最適で、ダイエット効果も期待できるんです。

以下に、果物を冷凍保存して、栄養をばっちり取る方法などをご紹介します。

 

冷凍して栄養価を高くする

冷凍して栄養価を高くする

冷凍して栄養価を高くする

イギリスのチェスター大学の実験によると、実は生の果物よりも冷凍の果物の方が栄養価が高いとの結果が出たそうです。

色々な果物を冷凍すると、生の時よりもビタミンCや抗酸化物質の含有量が多かったらしいんですね。

良くスーパーなどで売られているブルーベリーなどの果物も、オールシーズン食べられる上に、栄養価も高いとしたら買わないと損ですよね?

ちなみに、フルーツだけでなく野菜も冷凍した方が栄養価が高いそうです。

冷凍すると、栄養価が壊れるイメージを持っている方も多いと思いますが、実際には逆に栄養価が高くなると言うのは驚きですね。

 

果物冷凍で長期保存

冷凍で長期保存

冷凍で長期保存

果物に限らず、食料品は冷凍すると長持ちしますよね?

なぜかと言えば、冷凍することで、果物などの成長が止まり、休んでいるのと同じ状態になるからです。

言わば、冷凍と言うのは果物の睡眠タイムとも言えます。

終わりのない成長を続けることは果物にとっても辛いことです。

だからこそ、成長をとめることで、果物に休息時間を与えることにもなり、人間で言えば若さを保てるんです。

流石に、何年間も冷凍してしまうとやりすぎですが、適度な期間なら、果物は冷凍保存した方が栄養価も減らずおすすめなんです。

 

冷凍した方が良い果物としない方が良い果物

冷凍した方が良い果物としない方が良い果物

冷凍した方が良い果物としない方が良い果物

果物は冷凍保存した方が、栄養価も減らずおすすめと書きましたが、果物によっては冷凍が向かない物もあります。

例えば、日本人に馴染みの深い「びわ」などの果物は水分量が多いので、冷凍してしまうと水分が抜けてパサパサの味になります。

また、スイカや梨などの果物も水分が多く、びわと同様冷凍には向いていません。

逆に、冷凍すると美味しいのはバナナやみかんなどです。

凍らせて簡単なおやつにも出来ますし、夏にも冬にもおすすめの冷凍フルーツですね。

当たりすぎると評判の電話占い