>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

満月にするお願い事は効果なし?満月にした方が良いこと、悪いことまとめ

満月にするお願い事は効果なし?満月にした方が良いこと、悪いことまとめ

新月にお願い事をするのは一般化しつつありますが、満月の日にはお願い事は効果がないとも言われています。満月と新月では同じお願い事でも効果が違うからです。満月は結果や達成を意味します。満月の日にした方が良いことと悪いことを知り、満月のパワーを効果的に吸収しましょう!

    満月にするお願い事は効果なし?

    満月にするお願い事は効果なし?

    新月の日に願い事をすると良いと言われますが、実は満月の日にもお願いをした方が良いと言う事は意外と知られていません。

    一部では、満月の日に願い事をしても効果はないなどとも言われますが、満月の日にもお願いをしないと、新月の願いごとの実現力が弱まってしまうとも言われています。

    簡単に言ってしまうと、新月はしたい事をお願い事をする日で、満月は結果をお願いする日です。

    新月の日に願い事をするだけでは、結果がわからなくなるので、願い事を成就させたいなら、ぜひ満月の日もお願いをするべきなんです。

     

    満月の願い事は効果なし?

    満月の願い事は効果なし?

    満月の願い事は効果なし?

    満月は結果を出すためのお願いごとなので、新月のように願い事を叶えてくれるわけではありません。

    満月の力には達成や結果の意味があるので、同じお願い事でも何かを出来るようにして欲しいなどのお願いは効果がありません。

    満月にお願いするのは、あくまで新月の願い事が成就しますようにとのお願いです。

    だからこそ、新月と満月はセットで考えるべきなんですね。

     

    満月パワーとは

    満月パワーとは

    満月パワーとは

    満月には結果や達成のパワーがあると書きましたが、満月のパワーの源は引力です。

    潮の満ち引きのように、引っ張る力=引力が働いています。

    この引力のお陰で、満月の時には願い事が成就しやすいとも言われます。

    単にお願い事をするなら、新月のパワーを借りるべきですが、満月のパワーがないと、願い事の達成する力も弱まります。

    満月には願い事を達成するためのパワーが備わっていると言うことです。

    満月にした方が良いこと

    満月にした方が良いこと

    満月にした方が良いこと

    満月のパワーを得たいなら、反省をすることを忘れないようにしましょう。

    と言っても、願い事が達成していないことの謝罪ではなく「自己を振りかえる」もしくは「改善案を出す」ことをやるべきです。

    満月には完了のエネルギーが満ちているので、一種の改善案として、手放せずに来た習慣などを開放してあげる必要があります。

    やり方は、手放したいと思っていることを紙に書き、書いたら紙を破って捨てるだけで大丈夫です。

    自己を振りかえること、改善案を出すと言うのは、この手放したい事が何なのかを考えるためにすることです。

    他にも、クリスタルウォーターを作り波動を上げると良いともされています。

    ポットや瓶に天然水と水晶玉を入れるだけで作れるので、飲んだりお風呂に入れたりすると、波動が上がり、運気も上がると言われています。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事