>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

玉串料とは?葬儀や七五三の際の玉串料の相場や、のし袋の書き方、渡し方と包み方について解説!

玉串料とは?葬儀や七五三の際の玉串料の相場や、のし袋の書き方、渡し方と包み方について解説!

玉串料とは神道の儀式で収めるお金を意味します。もともとの「玉串」は、紙垂(しで)と呼ばれる紙をつけた榊のことでしたが、時代の変遷で現代では玉串料としてお金を包みます。今回は玉串料の由来、包み方、入れ方や渡し方のマナーをご紹介します。

    玉串料の相場は?

    そこでここでは、結婚式や葬儀など玉串料を渡す場面別に包むべき金額の相場について見ていきましょう。

    宮司さん

    宮司さん

    玉串料の相場はこんな感じです。
    しかし、あくまで相場ですので、気になる方は他の参列者と事前にこっそり打合せし、値段をそろえておくとよいでしょう。

    • 【結婚式】・・・神前結婚式の場合は、結婚式をとり行う会場によって相場が変化してきます。一般的には1万円以上というのが相場ですが、結婚式をホテルや結婚会場で行う場合は5万円以上という高めの相場となるのが傾向です。ただし、地域によって相場が異なる場合もありますので、事前に確認しておいた方が無難といえるでしょう。なお、初穂料についても同じくらいの相場であると考えて問題はありません。

     

    • 【七五三】・・・子どもが健やかに育つことを願う七五三は家族としてはぜひともお祝いして、きちんと神主さんに祈祷してもらいたいところです。七五三の玉串料や初穂料の相場は多くの場合5千円以上となっています。ただし、地方によってはもう少し安い相場で3千円以上となっていることも少なくありません。

     

    • 【お宮参り】・・・めでたくお子さんが生まれたことを報告するために参拝するお宮参りもぜひきちんと行い、今後健やかに子供が成長していくことを祈祷してもらうと良いでしょう。さて、お宮参りの場合の玉串料や初穂料の相場も基本的に七五三の際の相場と同じくらいで、一般的には5千円以上、地方によっては3千円以上というのが相場とされています。

     

    • 【厄払い】・・・厄払いと聞くと仏教の行事のように見えますが、神道でも厄払いの祈祷はあります。厄払いをしてもらう際の相場は玉串料や初穂料の場合とも5千円から1万円が一般的です。ただし、明治神宮のように大規模な神社の場合は一般的な相場よりも広範囲(5千円から3万円)という相場になることもあります。いずれにせよ、厄払いの際の玉串料の相場を事前に確認してから包むと良いでしょう。
     
    • 【葬儀(神葬祭)】・・・葬儀の場合の玉串料の相場は仏式における香典と同じように、故人との関係の深さや包んだ人の立場によって異なってきます。故人の直接のご遺族の場合は3万円以上故人のご親族の場合は1万円以上故人の友人や知人の場合は3千円以上というのが一般的な相場です。

    玉串料の渡し方について

    玉串料を渡し方やタイミングとしては、奉納品と一緒に式典が始まる前に渡すのが一般的です。その際に神主の方に感謝の言葉を添えつつ渡すようにしましょう。また、葬儀などで香典の意味合いで渡す場合は受付にてお悔やみの言葉を添えながら渡すようにするのが渡し方の作法といえます。

    渡し方としては受け取る側が見やすいように文字の書かれた方を受け取り手が読める向きにしてから渡すようにするのが一般的です。

    玉串料は新札で渡すべき?

    宮司さん

    宮司さん

    銀行の窓口にいけば、新札を用意してくださいますよ

    玉串料として包むお札は渡す場に応じて使い分ける必要があります。結婚式や七五三など慶事であれば新札を、葬儀などの弔事であれば古いお札を包むのが正式なマナーです。特に葬儀においては、「この日が来ることがわかっていた」という誤解を与えないようにするためにも古いお札を用意することに注意が必要となります。どうしても手持ちが新札しかない場合は、一度折り目をつけるのがマナーとなります。

    玉串料のお札の向き

    お金を袋に入れる際には、祝儀袋と不祝儀袋で向きに違いがありますので覚えておきましょう。

    • 祝儀袋・・・表側はお札の表(人物が描かれているほう)。封筒の上に人物の顔がくるようにします
    • 不祝儀袋・・・表側はお札の表。封筒の下に人物の顔がくるようにします

    どちらも、表側にお札の表面がみえるように入れるのは共通ですが、人物の顔が上にくるほうが慶事用、下にくるほうが弔事用です。

    まとめ

    Photo by BONGURI

    神道形式の冠婚葬祭の場で渡す玉串料の意味や初穂料との違い、のし袋など封筒への書き方、実際の金額相場、渡し方について見てきました。

    玉串料の渡し方は、神主さんへの謝礼として渡す場合であれば感謝の言葉を忘れないようにします。また、葬儀で香典代わりに渡すのであればお悔やみの言葉も添えましょう。普段なかなか玉串料のことを考えることは少ないかもしれませんが、玉串料に関する知識や、のし袋など封筒の書き方や渡し方などのマナーを身につけておくと、いざという時にあたふたせずに済みますし、スマートな人として映ります。そしてより一層玉串料に込めた気持ちも受け取った方の心にしみいるでしょう。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計5人評価)

    関連記事

    人気の記事