LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

好きな人が夢に出た 好きな人の夢が伝える意味10選

好きな人が夢に出た 好きな人の夢が伝える意味10選

多くの場合、人は寝ている間にさまざまな夢を見ます。その中でも特に気になる部類の夢といえば、自分の好きな人が出てくる夢ではないでしょうか?もし、好きな人が夢に出てくるとしたらどういう意味があるのかについてを一緒に見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.好きな人が夢に出てくるのは、その人のことがとても気になるから
  2. 2.好きな人が夢に出てくることが示す10の意味
  3. 3.昔好きだった人が出てきた:その人に未練がある
  4. 4.もし、好きな人に夢に出てきて欲しいのであれば…
  5. 5.結論、好きな人の夢をどう受け取って行動するか

多くの場合、人は何らかの内容の夢を見ます。楽しい夢やおかしな夢、怖い夢、悲しい夢など、その日の晩に見る夢の内容は人によりまちまちです。

ある晩に見た夢に好きな人が出てきたということは誰にでも一度はあるのではないでしょうか。夢という誰にも邪魔されない世界で好きな人と一緒にいろいろ話をしたり歩いたりできれば非常に楽しいひと時といえます。ただ、逆に好きな人と喧嘩をしたり別れたりするという悲劇的な内容になる場合もあるでしょう。

あなたの夢に好きな人が出てくるということにはどのような意味があるのでしょうか?今回は好きな人が夢に出てくる意味について一緒に考えていきましょう。

好きな人が夢に出てくるのは、その人のことがとても気になるから

好きな人が気になるから夢に出てくる

好きな人が気になるから夢に出てくる

夢の中に自分の好きな人が出てくればそれだけでもテンションが上がりそうですが、背景にはどのような理由があるのでしょうか?

これは一言でいえば、自分自身の中でその好きな人に特別な感情を持っていて気になってしょうがないということです。そして夢占いでは好きな人が出てくる夢は好きな人に対する願望や不安、予知夢を意味しています。

願望の場合、仮に「そんな人のこと全く興味はない」と否定したとしても、また片思いであっても、実は潜在意識のどこかでその人のことが気になっているということも意味します。潜在意識のレベルでその人のことが好きでたまらない、もしくは気になっているということであれば、相手に対する強い願望が夢という形になって表れたといっても良いでしょう。

また、好きな人との関係で不安を覚えている場合、好きな人との関係を真剣に考える中での不安がそのまま反映されているといえるでしょう。今はうまく行っていても何かの拍子で別れる羽目にならないかという不安、この先うまくやっていけるのかという不安など恋愛関係の不安はさまざまです。そして、不安を覚えることも多いからこそ、夢にその情景が出てくることも多いといえます。

好きな人との今後の関係を意味する予知夢の場合は、特に夢を通じて未来のことを知ることのできる人間に多いパターンです。ただし逆にいえば、予知夢の内容を通じて関係をより良いものにすることができるきっかけになるともいえるでしょう。

好きな人が夢に出てくることが示す10の意味

好きな人が出てくる夢にはどのような意味が…?

好きな人が出てくる夢にはどのような意味が…?

それでは、好きな人が夢に出てくることが夢占いにおいてどのような意味を持っているのかについて10個とりあげていきましょう。実は好きな人の夢はシチュエーションによって意味が大きく異なってきますので、当てはまるパターンがあればそれぞれの項目を参考にしてみてください。

(1)恋人になっている:好きな人に対する願望がある

好きな人が夢に出るのは願望があるから

好きな人が夢に出るのは願望があるから

夢占いの中で好きな人の夢を見ることは、その人に対する願望があるということはよくいわれますが、その人に特別な感情を持っているために恋人として付き合っている夢を見ることも多いといえます。

実際の恋愛でも好きな人と何らかのコミュニケーションを交わしている時間が最も長いですが、おしゃべりをする様子が出てきたら確実に好きな人に願望があるといって良いでしょう。また、ほかにも好きな人に抱きしめられている夢の内容の場合もその人に対する願望があることの意味の表れともいえます。

(2)ケンカしている:関係がより良くなる兆し

喧嘩するほど仲がいいのは夢の中でも

喧嘩するほど仲がいいのは夢の中でも

夢で好きな人が出てきたのは良いものの、その人とケンカをしている内容であれば、一瞬どきりとするでしょう。目が覚めていれば、「嫌われるのではないか」とか「別れてしまうのではないか」という不安にとらわれそうにも見えます。

しかし、好きな人とケンカする夢は実は逆にその人との関係が今後良くなることを意味しています。これは夢占いでは「逆夢(さかゆめ)」といっているもので、内容とは逆の性質の物事が起こるという前触れとなる夢のことです。

「ケンカするほど仲が良い」といいますが、好きな人とケンカしている夢であればなおさらその人とより深い仲になれるということで前向きな意味にとらえて良いでしょう。ただし、夢の中で怒鳴られている場合はもっと本音をぶつけてほしいと思われていることの表れですので、本音をさらけ出してみるというのが有効です。

(3)好きな人から逃げている:その人と結ばれるチャンス!

夢の中で逃げているのはむしろいい傾向

夢の中で逃げているのはむしろいい傾向

自分の気持ちの中では好きな人が気になってしょうがないはずなのに、見ている夢の中ではその人から逃げているというのは一見すると摩訶不思議です。実は夢占いでは、この夢が好きな人の方があなたのことを慕っていることを意味しています。つまり、仮に自分の方からその人に本当の思いを告白しなくても、向こうの方からアプローチをかけてくる可能性が十分にあることへの表れです。

このような夢は特に好きな人への思いはあるけれど、告白や話しかけのきっかけがつかめない人や引っ込み思案な人にとっては非常に耳寄りな内容といえるのではないでしょうか。ただ、夢占いの視点で考えると、この夢は恋愛面でのチャンスを意味しているともいえますので、相手に期待するのではなくむしろ勇気を出してアプローチしてみると良いでしょう。

(4)好きな人がほかの人と仲良くしている:関係がより強まる

他の人と好きな人が仲良くする夢は…

他の人と好きな人が仲良くする夢は…

自分が好きだと思っている人がほかの人と仲良くしている内容は、一見するとやきもちすら焼きたくなるようなものでしょう。真に受けやすい人からすれば、余計に好きな人のことが気になって苦しくてたまらない日々にもなりかねません。

しかし、これも夢占いでいう逆夢というもので、好きな人がほかの人と仲良くしている夢は、好きな人との関係がより強まることの前触れを意味しています。誰もが、他の人に好きな人をとられたいなどとは考えません。そのために好きな人とより絆が深まると考えて良いでしょう。

ただし、実は好きな人との付き合いの中でコンプレックスを感じている場合は、むしろそのコンプレックスが好きな人がほかの人と仲良くする夢という形で表れていることがあります。思い当たることがあれば、自信をつけるなどしてコンプレックスに立ち向かうことが大切です。

(5)好きな人とキスしている:その人に甘えたいという心理

キスする夢は甘えたい気持ちが

キスする夢は甘えたい気持ちが

夢の中で好きな人とキスをしているのは想像するだけでも心をウキウキさせられる内容ではないでしょうか。これも、あなたの好きな人とキスができるくらいの関係になりたいという願望の表れを意味しています。

というのは、キスというのは相手と分かり合いたいという気持ちが表れる行為であるためです。同時に相手と深い関係で恋をしたいという気持ちや性的な興味が強くなっているサインでもあることから、むしろ関係を深めるチャンスであるともいえます。

キスをする内容といえば、好きな人がほかの人とキスしている夢もありますが、こちらも夢占いでは好きな人との恋愛運が高まっていることを意味するものととらえられているため、心配はありません。

(6)好きな人に告白されている:その人ともっと親しくなりたい

告白される夢は甘えの気持ちのしるし

告白される夢は甘えの気持ちのしるし

好きな人に告白する、または告白されることで本格的な恋愛関係に発展するというのは、恋愛をしたい人間からすると誰もが望むことです。そして、好きな人に告白されているという夢を見ているということは、単にその人と本格的に付き合いたいだけでなく、その人に告白されることさえも期待していることでより親しくなりたい気持ちを意味します。

言い換えれば、特に自分で告白するきっかけをつかめない人や引っ込み思案な人が強く抱いている気持ちでしょう。一方で、期待しているだけではどうにもならないというのは恋愛でもよくいわれることなので、このような夢を見たら勇気を振り絞ってみるべきととらえた方が良いです。

(7)好きな人が冷たくする:関係に不安を覚えている

夢で好きな人に冷たくされたら不安な気持ちに正直に

夢で好きな人に冷たくされたら不安な気持ちに正直に

夢の中でせっかく好きな人が出てきたというのに、その好きな人が冷たい態度をとっている内容だと、正直いって落ち込むでしょう。これは夢占いでは、好きな人との関係の中で不安を覚えていることを意味するものとされています。特に、好きな人の方があなたに対してそれほど思いが強くないのではないかという不安や、いずれ別れて終わりということになるのではないかといった不安です。

また、片思いをしている場合は、自分自身が片思いをしているだけという思いが強いことの表れでもあります。このような場合はそれ以上関係が深くならないことを暗示していますので、今後どうするかを考えた方が良いでしょう。

(8)好きな人とおしゃべりしている:本音をさらけ出したい

好きな人とおしゃべりする夢は?

好きな人とおしゃべりする夢は?

夢の中で好きな人とおしゃべりをしている場合は、好きな人に自分の本当の思いを話したいし、理解してもらいたいということを意味しています。それによってお互いを理解しあい、さらに関係を深くしたいという気持ちがそのまま表れているといって良いでしょう。

たとえ普段は明るくてみんなの中心になっている人でも、本当に好きだと思う人の前では緊張のあまり本当の気持ちをさらけ出せないということはよくあることです。中にはその思いが溜まりすぎてこのような内容の夢を見る場合もあるでしょう。そのような場合は焦ることなくちょっとずつ好きな人との距離を縮めていく方法がおすすめです。

なお、夢占いでは好きな人とおしゃべりしている夢の中でどのように向かい合っていたかについても意味があるとされています。正面に向かい合っている場合は対等な関係で付き合いたいということを、横並びの場合は仲間意識を持って付き合いたいという意味です。

(9)好きな人と手をつないでいる:人生を一緒に歩んでほしいという気持ち

手をつなぐ夢は人生のパートナーになりたい夢

手をつなぐ夢は人生のパートナーになりたい夢

好きな人と手をつなぐこと自体が、恋愛の中で深い関係にあることを意味していますが、夢の中で手をつないでいるだけでも楽しい気持ちになるでしょう。このような夢を見た場合、好きな人と人生を一緒に歩んでほしいという気持ちがあることを表しています。言い換えれば、結婚を前提に付き合いたい気持ちが強いという意味です。

ただし、この夢に対する夢占いの解釈もその際の手のつなぎ方によって意味が大きく変わってきます。手をつないだ時に好きな人が引っ張る様子であればその人との関係はうまく行きますが、もし手をつないだうえ、好きな人に抱き着く内容であれば単なる願望にすぎません。

(10)好きな人のもとに飛んでいく:相手に夢中になりすぎている

飛んでいく夢は地に足がついていない…

飛んでいく夢は地に足がついていない…

何とも非現実的な内容ですが、好きな人のもとに飛んでいくという夢を見る場合もあります。この場合は、好きな人に対して夢中になりすぎているという意味です。しかも、夢占いでは飛んでいくという夢自体が地に足がついていないという意味で解釈されるため、夢中になりすぎて現実を直視できていないことも表しています。

この夢を見た後に相手に告白しに行くのであればまだ恋愛関係に発展する可能性がありますが、特に何もせずに様子を見るだけであれば、好きな人と本格的に付き合う自信すらないことの表れといえるでしょう。

次へ

関連記事

人気の記事