>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

カバラ数秘術における誕生数・運命数「7」の恋愛傾向は?相性や特徴を解説

カバラ数秘術における誕生数・運命数「7」の恋愛傾向は?相性や特徴を解説

「7」といえば幸福な数字というイメージがりますが、占いの方法によっては意味も変わってきます。世界に多く存在する占いの中でも当たりやすいことで有名なものにカバラ数秘術がありますが、カバラ数秘術では「7」の誕生数・運命数を持つ人物はどのような性格や恋愛傾向の特徴があるのでしょうか?

    カバラ数秘術における「7」の意味とは?

    古くから私たちは数字に何らかの意味や特徴を見出してきました。わかりやすい例が好きな数字から性格や特徴のほか、将来の運命を予言する「好きな数字占い」です。

    ただし、世界は広いものでさまざまな占いが存在します。その中でも数字を用いたもので比較的当たりやすいことで定評があるのが「カバラ数秘術」です。今回は、一般的に幸運な数字とされる「7」についてカバラ数秘術で見ていきましょう。

    カバラ数秘術の誕生数・運命数「7」には理論的な人が多い

    「ラッキーセブン」と呼ばれているほど一般的に幸運な数字というイメージの強い「7」ですが、カバラ数秘術では理論的な人に多い数字とされています。つまり、頭の回転も速く、考え方も筋道立てる傾向にあるのが「7」の数字を持つ人たちです。

    運命よりも自らの頭脳で道を開くのが理論的な人の傾向といえますが、安易に運命の力のみに依存しようとしないからこそ、幸運にも愛されているといえるのでしょう。

    カバラ数秘術とは?

    そもそも、カバラ数秘術とはいったいどのような占いの方法を指すのでしょうか?誕生数(運命数)が「7」の人について知るには、カバラ数秘術がどのようなものかについて知ることが大切です。

    カバラ数秘術とは、ユダヤ(イスラエル)で生み出された占いの方法のことで、自分の生年月日から自分の人生の運命を予測したり、自身の性格を知ったりするのに使われます。世界中に数ある占いの方法の中でも非常に高い確率で当たるということから定評がある占いです。

    このため、欧米を中心に世界中の多くの人々がカバラ数秘術を使って自らの人生の指針に役立てています。

    誕生数(運命数)は何を表す

    それぞれの数字は何を表すのか?

    それぞれの数字は何を表すのか?

    カバラ数秘術の中で非常に重要な要素となってくるのが、誕生数(運命数)と呼ばれる生年月日から求められる数字です。全部で12種類あり、それぞれの数字を知ることで自身の性格や人生の運命、恋愛を含めた人間関係での相性、適した職業の傾向などを把握して将来に備えることができます。

    12種類の誕生数の中でも、特に11、22、33の3種類はマスターナンバーと呼ばれる特別な意味を持った数字です。この3種類の数字を持っている人は非凡な才能や感性を持ち、特別な運命をたどるとされています。

    誕生数(運命数)の求め方は

    誕生数を出すにはどうしたらいい?

    誕生数を出すにはどうしたらいい?

    それでは、誕生数(運命数)を算出するにはどのような方法があるのでしょうか?ここで必要となるのが、ご自分の生年月日の数字です。なお、年号の方は西暦を用いますので、普段から日本の元号(昭和や平成)に慣れきっている方は一度西暦に直してから計算しましょう。

    さて、最初に生年月日に使われる数字(全部で6~8つ)を全部合計ます。例えば、1980年5月13日生まれの方の場合は、1+9+8+0+5+1+3=27というようなやり方です。そして、出てきた数字が2ケタの場合はさらに2つの数字を合計しましょう。上の例であれば7なので2+7=9と合計し、この9がその人の誕生数(運命数)となります。

    ただし、最初の計算の際に11、22、33が出てきた場合は、それが誕生数になりますので、そこから先は計算しなくて大丈夫です。

    カバラ数秘術の運命数「7」の使命

    誕生数「7」の人の使命とは?

    誕生数「7」の人の使命とは?

    誕生数(運命数)の算出方法について見てきたところで、ここからは「7」の誕生数の人が背負っている使命について見ていきましょう。

    カバラ数秘術において「7」とは、物事の完結を意味します。カバラ数秘術が生まれたユダヤといえば、ユダヤkょウやキリスト教が成立したことでも有名ですが、その聖典である聖書の創世記でも神が6日間で世界を作り、7日目は休みをとったというくだりは広く知られていることです。

    しかし、物事の完結は単におしまいを意味するだけではなく、新しい物事の始まりのきっかけにもなります。そのため、「7」の誕生数を持つ人に課せられた使命とは、硬直しかけている社会や文化に変化をもたらし、新しい潮流へと導くことです。そのために、普通の人とは異なった独特の価値観や独創的な考え方を持っています。

    運命数「7」の性格の特徴

    運命数7の人の特徴とは?

    運命数7の人の特徴とは?

    それでは、運命数「7」の人の性格面の性格面の特徴について見ていきましょう。運命数「7」の人の主な性格の特徴として8つ挙げられます。

    カバラ数秘術の運命数 「7」の性格の特徴1:世の中の真理を追い求めたい

    カバラ数秘術において「7」の運命数を持つ人の性格面の特徴の第1に、世の中の真理を追い求めたいというものが挙げられます。職業にたとえれば、学者のようなものといえるでしょう。

    非常に知性にあふれており、また探究心にもあふれているため、自分自身の軸となる考え方や哲学を大切にします。ただし、プライド高く自身の考え方や哲学を保つことには満足せず、さまざまな考え方を吸収して変化させて新しい形のものを生み出す気概があるともいえるでしょう。

    カバラ数秘術の運命数「7」の性格の特徴2:自分に厳しく他人にも厳しい

    自他ともに厳しい運命数「7」の人

    自他ともに厳しい運命数「7」の人

    世の中の真理を追い求めたい性格を持つ運命数「7」の人は、自分にも他人にも厳しい態度をとりがちです。これは、後で見るようにコミュニケーションが得意ではない点と、曖昧さを嫌いという点の裏返しであるといえるでしょう。加えて、自分にも他人にもきちんとした成果を求める完璧主義者でもあります。

    そのため、妥協というものを認めることができず、物事をとことん突き詰めようとして、自分にも他人にも厳しく接する傾向になりやすいです。

    カバラ数秘術の運命数「7」の性格の特徴3:一匹狼

    運命数「7」の人は孤独もお好き

    運命数「7」の人は孤独もお好き

    運命数「7」の人は一匹狼という特徴もあります。いわば、大勢の人で群れるよりも、1人で何かをコツコツとやることを好む性質です。

    そのため、仕事などにおいてもチームワークというのが苦手な反面、単独での単純作業や1人での研究ごとをしたがります。このような性質であることから、チームでの実力よりも個人の持つ実力の方を重視しがちです。

    カバラ数秘術の運命数「7」の性格の特徴4:頑固者

    運命数「7」の人は偏屈な一面も

    運命数「7」の人は偏屈な一面も

    運命数「7」の人は孤独や1人作業を好む一方、周りからは頑固者のように見えることも多いです。自分自身の考え方や哲学をしっかり持ってはいるものの、その分他人との妥協を極度に嫌います。そのうえ、コミュニケーションについて積極的ではないことから、他人から理解されない場合も少なくありません。

    そのために、時には周りの人間からも煙たがれ、孤立してしまうことも少なくありません。とはいえ、決して他人とのコミュニケーションが嫌いというわけでも苦手というわけでもないので、適度にコミュニケーションをとれば理解してくれる人も多いでしょう。

    運命数「7」の性格の特徴5:目標が高いと燃える

    運命数「7」の人は燃える目標があると強い

    運命数「7」の人は燃える目標があると強い

    運命数「7」の人の性格の5番目は、目標が高いと燃えるというものです。もともと、自分自身の軸がしっかりしているうえに、知性も豊かで独創的であることから、高い目標を自分を高めたり新しいものを作るためのチャンスと考えます。

    特に、何か新しいものを始めるなど誰もがやったことのないようなことについては非常に熱心に取り組もうとします。ただ、コミュニケーションに積極的ではないことから、体育会系のように他人に対し熱い気持ちをはっきり表に出すということはありません。

    運命数「7」の性格の特徴6:感情を表に出さない

    運命数「7」の人は表情をなかなか出さない

    運命数「7」の人は感情をなかなか出さない

    コミュニケーションに積極的ではないことから、自分自身の感情を表に出そうとしないのも運命数「7」の人の性格といえます。そのため、周りの人からは何を考えているのか、またどんな気持ちなのか理解されないことが多いです。

    感情が見えにくいことから、他人から舞い込む依頼も流れてしまい、損をする場合もありますので、必要最低限のコミュニケーションでカバーすると良いでしょう。

    運命数「7」の性格の特徴7:礼儀正しい

    気難しいイメージが強い運命数「7」の人ですが、一方でコミュニケーションを交わすときはとても礼儀正しいです。あまり感情的にならないことから、話をしている分には安心して付き合えるでしょう。

    ただし、先ほども書いたように自他ともに厳しく接するため、指摘をするときは礼儀正しさに容赦のなさが加わることが非常に多いです。その意味では、はっきり感情的に指摘する人以上に怖く感じることもあるでしょう。

    運命数「7」の性格の特徴8:曖昧が嫌い

    曖昧だと腹を立てやすい

    曖昧だと腹を立てやすい

    運命数「7」の人は曖昧な物事を極度に嫌います。そのため、相手が妥協したり、はっきりしない態度をとるのも嫌がりますし、結論についても0か100、白か黒というようにはっきりさせないと気が収まりません。

    このため、他人からは清々しく見えると思われたり、逆に寛容性がないと感じられたりすることもあります。時には他人の話をじっくり聞く態度を示せば、周りの人たちの理解を得られるようになるでしょう。

    運命数「7」と他の運命数との相性

    他の誕生数の人との相性は?

    他の誕生数の人との相性は?

    ここまでカバラ数秘術での運命数「7」の人の主な性格の特徴8つについて見てきました。これを踏まえて、他の運命数の人との相性を見ていきましょう。

    運命数「7」×誕生数1の相性

    一匹狼同士なので誕生数1の人との相性はあまり良くない

    一匹狼同士なので誕生数1の人との相性はあまり良くない

    誕生数(運命数)「1」の人はリーダーシップがあり、押しが非常に強い傾向があります。そのうえ、運命数「7」の人と同じように孤独を好む気質であることから、お互いに些細なことでぶつかりがちです。このため、運命数「7」の人と「1」の人とはあまり相性は良い方ではありません。

    加えて、「1」の人のガツガツやる押しの強さは、こだわりの強さが目立つ「7」の人と相いれません。一方の「1」の人にとっても「7」の人の何を考えているのかわからない性質を受け入れるのが難しいです。これらの点から見ても「7」の人と「1」の人は相性の面で合いにくいでしょう。

    運命数「7」×誕生数2の相性

    コミュニケーションがお互いに消極的であるため、誕生数「2」の人とも相性は良くない

    コミュニケーションがお互いに消極的であるため、誕生数「2」の人とも相性は良くない

    運命数「7」の人と「2」の人の相性は悪いといえます。「2」の人は思いやりがある反面、対人関係では自己主張をしない受け身な態度が基本姿勢です。

    一方で、「7」の人もコミュニケーションにはあまり積極的ではないため、結果的に双方でコミュニケーションは成立しにくいでしょう。

    運命数「7」×誕生数3の相性

    誰とでも合わせることのできる誕生数「3」の人とは気が合う

    誰とでも合わせることのできる誕生数「3」の人とは気が合う

    運命数「7」の人と誕生数「3」の人は相性は悪くないといえるでしょう。というのは、誕生数「3」の人は非常に面倒見が良く、基本的に周りの人から慕われる性格であるためです。

    このため、孤立しがちな運命数「7」の人に対しても彼らが集団の中で浮かないようにうまく合わせようとします。運命数「7」の人も誕生数「3」の人のこのような性格に助けられて心を開きやすいため、相互の相性は良いといっても言い過ぎではありません。

    運命数「7」×誕生数4の相性

    誕生数「4」の人は協調性の面で良いフォロワーに

    誕生数「4」の人は協調性の面で良いフォロワーに

    誕生数「4」の人との相性は最高といっても良いでしょう。優しくて穏やか、なおかつ困っている人を放っておけなくて我慢強い、まさに愛情の豊かさを体現しているといえるのが誕生数「4」の人の基本的な性格です。

    このため、冷静沈着で知性や創造性が豊かではあるものの対人関係にはあまり積極的ではない運命数「7」の人の性格さえも受け入れてくれます。加えて、協調性がある「4」の人はいわば、運命数「7」の人に足りない対人関係での器用さをフォローしてくれるため、公私ともに非常に頼れる存在になるといえるでしょう。

    運命数「7」×誕生数5の相性

    猪突猛進タイプの誕生数「5」の人と冷静沈着な「7」の人とは相性が合わない

    猪突猛進タイプの誕生数「5」の人と冷静沈着な「7」の人とは相性が合わない

    誕生数「5」の人は非常にエネルギッシュでチャレンジ精神が旺盛であるため、新しいものを創り出そうとする創造性が豊かで高い目標に燃えやすい運命数「7」の人と折り合いは良さそうに見えます。が、実際のところは両者の相性はあまり良い方ではありません。

    というのも、誕生数「5」の人は気分屋の一面もあり、無計画に勢いで目標に突っ走る傾向にあるためです。この点が、冷静かつ緻密に計画を練ったうえで目標に向かおうとする運命数「7」の人とうまく合わないといえます。言い換えれば、猪突猛進と冷静沈着との相性の悪さが両者の関係に影響しやすいといったところです。

    運命数「7」×誕生数6の相性

    規律と協調性を重んじる誕生数「6」の人とも相性は良くない

    規律と協調性を重んじる誕生数「6」の人とも相性は良くない

    運命数「7」の人と誕生数「6」の人の相性は最悪といっても良いでしょう。そもそも、誕生数「6」の人の基本的な性格として、思いやりがある一方で規律を重んじる傾向が強い、いわば優等生タイプであるためです。

    このため、誕生数「6」は、やたらと単独行動を好む運命数「7」の人に対してあまり良い印象を持ちません。そして、運命数「7」の人の方も何かと口やかましい誕生数「6」の人を煙たく思いがちです。その結果、両者は折り合いが非常に悪くなる傾向にあります。

    運命数「7」×誕生数7の相性

    「類は友を呼ぶ」ということで「7」同士は相性が最高

    「類は友を呼ぶ」ということで「7」同士は相性が最高

    同じ運命数「7」の人同士であることから、お互いに自由を尊重するうえ、心の中に土足で入ろうとしないため相性はバッチリ良いでしょう。

    「類は友を呼ぶ」ということわざもありますが、まさに同じ運命数の人間同士であるために、双方ともそれぞれの冷静かつ論理的な分析や思考、知識を元手に仲良くやっていけます。学者同士であれば普段のコミュニケーションに消極的な性格がまるで嘘のように、お互いに熱くそれぞれの研究分野について語り合うということもままあることです。

    運命数「7」×誕生数8の相性

    アツい誕生数「8」の人とも馬が合わない

    アツい誕生数「8」の人とも馬が合わない

    すべての誕生数の中でも随一の情熱さを持っているのが「8」の数字を持った人たちです。頭を動かすよりも体が先に動く行動派ではありますが、そのためか冷静に考えてから行動するタイプである運命数「7」の人とはそりが合いません。

    運命数「7」の人からすれば、誕生数「8」の人たちは非常に暑苦しく、無鉄砲な人たちに見えるためどこか受け入れがたいように見えます。一応、情熱にあふれる誕生数「8」の人たちの努力のおかげでどうにか最低限のコミュニケーションは成立しますが、深いレベルでの付き合いは実現しにくいです。

    運命数「7」×誕生数9の相性

    穏やかな誕生数「9」の人になら心を開ける

    穏やかな誕生数「9」の人になら心を開ける

    穏やかさと純粋さを兼ね備えた誕生数「9」の人は、運命数「7」の人にとっても非常に付き合いやすいといえます。というのは、コミュニケーションが不得手な運命数「7」の人にとって誕生数「9」の人の穏やかさは、非常に心を落ち着けることができるためです。

    加えて、運命数「7」の人も誕生数「9」の人も神秘的なものを信じたり、深い興味を示したりするという点で似通っていることから、お互いに波長が合うといえます。

    運命数「7」×誕生数11の相性

    お互いに軸が強い分、譲り合わないため「11」の人とは相性も良くない

    お互いに軸が強い分、譲り合わないため「11」の人とは相性も良くない

    マスターナンバーの最初に挙げられる誕生数「11」の人ですが、残念ながら運命数「7」の人との相性は良くありません。というのも、運命数「7」の人が単独行動好きであるのに対し、誕生数「11」の人は組織で動く方を好む気質があります。

    これに加えて、誕生数「11」の人は精神的な結びつき、つまり情を重んじる姿勢であるのに対し、運命数「7」の人は現実性や論理性といった、理を重んじる姿勢のため、お互いに相容れない関係といえるでしょう。

    運命数「7」×誕生数22の相性

    いわゆる自己中心的な誕生数「22」の人ともそりが合わない

    いわゆる自己中心的な誕生数「22」の人ともそりが合わない

    カリスマになる素質を持っているうえ、大の自信家である誕生数「22」の人も、運命数「7」の人とそりが合いにくいです。誕生数「22」の人は決断する時に自分の気持ちを最優先する性質ですが、一方の運命数「7」の人は現実の状況を基準に判断するため、真反対の性質といえます。

    しかも、誕生数「22」の人は自分こそが第一と考え、運命数「7」の人はそれなりに謙虚なところもあることでもかみ合いにくいです。

    運命数「7」×誕生数33の相性

    個性的な者同士だからこそ相性もいい

    個性的な者同士だからこそ相性もいい

    最強のマスターナンバーといわれている誕生数「33」の人は、運命数「7」の人とは非常にうまく行く関係を作ることができます。お互いに類まれなる創造性や個性を持っているうえ、周りから変わり者と評価されがちであることから、親近感がわきやすい関係になりやすいためです。

    加えて、お互いに個人プレーが大好きな人たちであるため、お互いに干渉しあわずに好きにやろうという気質である分、理解し合えるといえるでしょう。

    運命数「7」の恋愛傾向とは?

    運命数「7」の人の恋愛や結婚はいったいどのような傾向をたどりやすいのでしょうか?ここでは、運命数「7」の人の恋愛運や結婚運も含めて、恋愛の面から運命数「7」の人の特徴を見ていきましょう。

    最初に運命数「7」の人の恋愛の傾向について簡潔に書いておきますと、コミュニケーションに消極的である分、恋愛に対しても非常に慎重になりやすいです。ただし、彼らは恋愛や結婚に対する理想やこだわりが非常に高いため、なかなか恋愛も結婚も成就しにくいことも少なくありません。

    しかし、運命数「7」の人の方がもう少しおおらかな気持ちで臨むのであれば、恋愛や結婚が成就する可能性も高くなっていきます。

    運命数「7」の恋愛運

    基本的に対人関係では受け身である以上、運命数「7」の人の恋愛運は彼ら自身が愛されているという実感がどのくらいかによって左右されがちです。恋愛に対して奥手であったり、愛情表現が控えめである以上、相手がどのように受け止め、どのように愛してくるかがカギとなるでしょう。

    ただし、一度運命の相手と感じたり、信頼できると思ったりしたら、その方との関係は大切にすると良いでしょう。

    運命数「7」の結婚運

    実は残念なことに運命数「7」の人は、すべての運命数の中でも最も離婚しやすい傾向にあるといわれています。その理由として、愛情表現が控えめであったり、自分からは積極的にコミュニケーションしない性格が影響しているためです。

    このため円満な結婚生活を送るには、普段からパートナーとの信頼関係を大切にすることです。運命数「7」の人は信頼を非常に大切にすることから、信頼を軸にパートナーとの関係を維持するように努めれば離婚しにくくなるでしょう。

    運命数「7」の特徴を生かせる仕事とは?

    運命数「7」の人にはどのような仕事が合うのか

    運命数「7」の人にはどのような仕事が合うのか

    冷静沈着で創造性豊かな運命数「7」の人にはどのような仕事がぴったりなのでしょうか?

    ここでは、運命数「7」の人に合っている仕事について見ていきましょう。

    運命数「7」の仕事運

    運命数「7」の人の仕事運は?

    運命数「7」の人の仕事運は?

    全体として、運命数「7」の人の仕事運は個人プレーの方がうまくいきやすい傾向にあります。高い目標ほど燃えやすいことから、個人プレーでかつ高いビジョンを持ってやると、ビジネスが成功しやすいでしょう。

    かといって、組織の中では絶対に失敗するというわけではなく、むしろ個人プレー重視の企業であれば組織の中であってもその実力を発揮できます。

    なお、起業や独立をする場合は事前にきちんと準備を整えた方が、後々うまくいきやすいです。

    運命数「7」の適職

    運命数「7」の人は専門を生かせる職業が適職

    運命数「7」の人は専門を生かせる職業が適職

    それでは、具体的に運命数「7」の人に合っている職業にはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

    個人プレーが得意で、なおかつ学究肌であることから研究者向きといえます。ただ、チームでの合同研究ではなく個人で研究する形の方がより能力を発揮できるでしょう。

    ほかにも、法律関係やアナリスト、ファイナンシャルプランナーなどといった、調査や分析などを生業とする専門職も適職といえます。

    誕生数・運命数「7」の有名人

    運命数「7」の有名人にはこの人も

    運命数「7」の有名人にはこの人も

    最後に、有名人の中で運命数「7」の人についても簡単に紹介しておきます。

    文化芸能関係では「漫画の神様」といわれた手塚治虫や、元SMAPの木村拓哉、女優の松島菜々子などが著名です。

    また、政治家では1960年代のアメリカ大統領であるジョン・F・ケネディや、構造改革を推進した2000年代初頭の首相である小泉純一郎が挙げられます。

    まとめ〜孤高を好む運命数「7」

    運命数「7」の人はクールで独創的で個性豊か

    運命数「7」の人はクールで独創的で個性豊か

    運命数「7」の人について見てきました。彼らの性格面の特徴として独創性や知性が豊かで、かつ冷静沈着である一方、コミュニケーションにはあまり積極的ではないところがあります。このため、主に個人プレーが得意であるため、普段は個人でできることに注力した方が、その才能を生かせるでしょう。

    恋愛を含めた対人関係では受け身になりやすいことから、彼らの個性を受け止めてくれる人と主に仲良くするのが良いです。なお、その際には信頼を大切にするのがカギといえます。

    逆に運命数「7」の人を相手にするときは、非常にとっつきにくいところもありますが、寛大な気持ちを持ち、かつ彼らの心の中にまで踏み入れないような付き合い方をすると良いでしょう。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事