>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

六曜とは?その意味と歴史・それぞれの曜の意味・やること/やってはいけないこと!

六曜(ろくよう・りくよう)とは、暦に記載される日時や方位などの吉凶やその日の運勢を占う暦注の一つです。
6種の曜があり、カレンダーや手帳などで目にすることが多い、日本で最も有名な暦注です。
主に冠婚葬祭に影響力があり、現在でも「結婚式は大安の日を選ぶ」、「葬式は友引を避ける」などと言われています。
6種類の曜についてまとめているページです。

六曜とは?

六曜

六曜(ろくよう・りくよう)とは、暦に記載される日時や方位などの吉凶やその日の運勢を占う暦注の一つです。
六曜はその名の通り、

・先勝(せんしょう・せんかち)
・友引(ともびき)
・先負(せんぶ・せんぷ・せんまけ)
・仏滅(ぶつめつ)
・大安(たいあん)
・赤口(しゃっこう・しゃっく)

の6種の曜があり、カレンダーや手帳などで目にすることが多い、日本で最も有名な暦注です。
主に冠婚葬祭に影響力があり、現在でも「結婚式は大安の日を選ぶ」、「葬式は友引を避ける」などと言われています。

六曜のルーツ

六曜は中国で誕生したとされます。中国宋時代に、「六壬時課(りくじんじか)」という時間を使った吉凶占いがありました。これを清の時代で、時間ではなく日付を使った吉凶占いとしてできたものが、小六壬(しょうりくじん)というもので、これが現在の六曜のルーツであると言われています。
日本に伝来したのは14世紀の鎌倉時代とされており、江戸時代に六曜の暦注が広まったとされます。

六曜と日本の歴史

六曜の循環
六曜は
先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口
の順番で循環します

六曜の出し方は以下の通りです。
(旧暦月+旧暦日)÷6=A あまり N
このあまりの数字と六曜は、
0…大安
1…赤口
2…先勝
3…友引
4…先負
5…仏滅

の関係になります。

また、六曜は「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」の順番になっており、旧暦の毎月1日の六曜は、
1月、7月…先勝
2月、8月…友引
3月、9月…先負
4月、10月…仏滅
5月、11月…大安
6月、12月…赤口
と決まっていました。
そのため、昔は月日さえわかれば、誰でも簡単にその日の吉凶や運勢を占うことができたため、六曜はあまり人気がなかったようです。

明治時代に入り、太陽暦へ改暦されると、「暦注のような吉凶占いは迷信である」として政府によって六曜が禁止されました。しかし、昔から馴染みのある六曜が禁止されたことで反発を生み、オバケ暦と呼ばれる暦注が満載の民間暦が出回るようになり、新暦になったことで旧暦の日付がわからないと六曜を求めることができなくなり、かえって重視されるようになりました。
その後、第二次世界大戦後には政府による統制も廃止され、現在ではカレンダーや手帳などで目にすることが多い、日本で最も有名な暦注となっています。
 

六曜それぞれの意味まとめ

六曜それぞれの意味まとめ
六曜 意味 吉の時間帯 やってはいけないこと
先勝 先んずれば即ち勝つ 午前中(14~18時は凶) とくになし
友引 凶事や厄事が友に及ぶ、勝負事は引き分けとなる 基本的に吉日だが、11~13時まで凶 法事・葬式など
先負 先んずれば即ち負ける 先んずれば即ち負ける とくになし
仏滅 仏も滅するような大凶日 基本的に凶日だが、新しいことを始めるのは吉 結婚式や入籍、大きな買い物
大安 大いに安し。最も縁起がいい日 一日を通して吉 法事や葬式
赤口 「赤舌日」が由来、何もしないほうがいい日 午前11時から午後1時までのみ吉 お祝い事、火事や刃物に注意

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

このページを評価する

評価 4.9 / 5(合計32人評価)