>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

七福神

七福神とは、日本で信仰されている福をもたらす7柱の神様です。七福神を参拝すると、七つの災難が取り除かれ、七つの幸福を授かると言われています。このページでは七福神一人一人を紹介し、七福神の歴史についても解説していきます。

七福神とは?

七福神とは、日本で信仰されている福をもたらす大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋尊の7人の神様のことです。
「七難測滅、七福即生」に基づき、七福神を参拝すると、七つの災難が取り除かれ、七つの幸福を授かると言われており、農民、漁師を中心に古くから日本人の信仰を集めてきました。

 
七福神とは様々な福をもたらす神様です。「七つの福」と呼ばれる「清廉、有福、威光、愛敬、人望、寿命、大量」を国に訪れさせるために力のある神が集結して作られたのが始まりでした。
 

七福神名 七福 七福の意味 ご利益
恵比寿天(えびすてん) 清廉 私欲がなく、心が穏やか 商売繁盛
大黒天(だいこくてん) 有福 富に恵まれる 金運・開運
毘沙門天(びしゃもんてん) 威光 従わせる力、勢い 勝運・厄除け・金運
弁財天(べんざいてん) 愛敬 愛され、尊敬される 縁結び・財宝
福禄寿(ふくろくじゅ) 人望 信頼を得る 招徳人望・長寿
寿老人(じゅろうじん) 寿命 健康に長く生きる 長寿・健康
布袋尊(ほていそん) 大量 多くに恵まれる 子宝・夫婦円満
 
 

七福神の歴史

七福神の信仰の始まりは諸説ありますが、平安時代の僧である最澄が比叡山で、インドのヒンドゥー教の神である大黒天を台所の神として祀ったことがきっかけであるとされています。

それが民衆に広まり、平安時代以降に大黒天、恵比寿、毘沙門天の三神が三面大黒天として信仰されるようになります。

その後、平安時代末期から鎌倉時代初期に近江の竹生島の弁財天信仰が盛んになり、さらに室町時代末期になると、仏教の布袋尊、道教の福禄寿、寿老人なども中国から入ってくるようになります。

この頃は、東山文化の時代であったことから、中国文化の影響で大陸的な水墨画が多く描かれ、その中の「竹林七賢図」に見立て、7人の神様を現在のように七福神として信仰するようになりました。

しかし、当初はこの7人の神様が必ずしも一定ではなく、江戸時代には様々なバリエーションが生み出されました。福禄寿と寿老人は南極老人星の化身であることから、同一とみなされ、寿老人の代わりに、吉祥天、お多福、福助、稲荷神、猩猩、虚空蔵菩薩、さらには宇賀神、達磨、ひょっとこ、楊貴妃、鍾馗、不動明王、愛染明王、白髪明神が七福神に数えられることもありました。

現代では、大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋尊の七つの神様の総称として広く日本人から信仰されています。

七福神を紹介!

毘沙門天

弁財天

恵比寿様

大黒天

福禄寿

寿老人

布袋尊

七福神を祀る神社と寺院

このページを評価する

評価 5.0 / 5(合計8人評価)

フェイスブック

YOUTUBE


アマテラスチャンネルのSNS